特集紙面アーカイブ

中日スポーツ紙面企画

2014年07月31日 内藤雄士の必ず上達する、これが最新スイング(18) 「しっかり伸ばそう!! ダウンスイングも内転筋」

ダウンスイング

 ダウンスイングについてレッスンします。テークバックまでの下半身で大切なのは、右脚の内転筋がポイントだと言いました。実はダウンスイングも同じなんです。この動きを身に付ければ、これまでにない力強いスイングを手に入れられます。

ためた力をうまく使う

 いよいよ今週はダウンスイングです。テークバックからトップにかけてパワーを右股関節にうまく貯蓄しました。そのパワーを一気にインパクトで解放してやるのです。テークバックのところでもレッスンしたのですが、ここでもポイントは右脚の内転筋です。

 ほとんどのアマチュアゴルファーはこのダウンスイングで、せっかくためたパワーを効率よく使えず、抜けてしまいます。いきなり回転運動に入ろうとして、右の膝が前に出てしまいます。スイングは回転運動なのですが、ダウンスイングに関しては体重移動をしなければならないため、きっかけは右脚内転筋を使った直線運動に近い動きになります。

 右膝を前に出したスイングはスピンアウトスイングといって、クラブヘッドがアウトサイドから入ってくる動きです。右の股関節にたまったパワーがほとんどそこで抜けてしまいます。そうではなく正しいインパクトにするには、右脚の内転筋を伸ばします。


(写真①)わかりやすく短くクラブを持ちます
(写真②)クラブをインサイドから振り下ろすためには右脚の内転筋を伸ばす
(写真③)まだ伸ばす
(写真④)インパクトからの動きは右脚の母指球で地面を押す
(写真⑤)ここまで我慢する
(写真⑥)ここで初めてかかとを上げてフィニッシュ

最後までかかとつける

 伸ばしたままダウンスイングに入るのです。これでたまったパワーをインパクトですべて解放することができます。アマチュアゴルファーは普段から内転筋を鍛えるということをしないから、硬くなって、右膝もいっしょに前に出てしまって、内転筋を伸ばすという動きができません。それに対し、プロゴルファーは内転筋を鍛えます。

 ダウンで力強いスイングができるかどうかは、右脚の内転筋がダウンで伸ばせるかどうかです。トップで右股関節に体重を乗せる。そのまま内転筋を伸ばしてダウンに入ります。インパクト前で初めて腰を切るのです。それでもまた、右脚は母指球が地面をつけたままを保ちます。できたらフォローまで右脚の母指球は、地面につけたまま保ちたいですね。フィニッシュで初めてかかとを上げて、収めていく。これがダウンスイングの基本的な動きです。内転筋を柔らかくしておけば飛距離はもっと出ますよ。


(写真)悪い例:ダウンスイングで右膝が前に出てしまうと、蓄積したパワーが抜けてしまいます

飛距離アップへ鍛えよう

 内転筋のストレッチをします。まず右脚を伸ばしたまま左膝を曲げていく。ここで大切なのは、限界の少し手前で止めることです。痛いと感じたら、けがをしてしまいますから。次は逆です。左脚内転筋を伸ばして右膝を曲げていきます。これを何度も繰り返します。内転筋は飛距離の源。柔らかくして飛距離を伸ばしましょう。


(写真左)内転筋を鍛えます。この体勢からぐっと伸ばしていきます
(写真右)ここまで伸びるようにがんばってください


【感想募集】
 内藤コーチのゴルフレッスンの感想を募集しています。採用された方には、ゴルフボール3個をプレゼントします。ファクス(052・231・0628)か電子メール(spo-golf@chunichi.co.jp)で送ってください。

あれ!?グラビアポーズになっちゃった

 モーニング娘。'14の生田衣梨奈です。なんかこのポーズ、グラビアみたいで照れます。内転筋を伸ばすストレッチは全然平気なんだけど、このストレッチの動きとスイングがまったく結びつきません。普段は脚に全然、力が入らなくて、上体だけで打ってしまっているので、脚に力を入れるということができないんです。わたしリハーサルの合間とか、時間があるときは、ブリッジとか、逆立ちとかやって鍛えてるんですけど、今度からこの内転筋を伸ばすストレッチも試してみようかな。この動きでスイングできればもっと飛ぶんですよね。飛ばしは大切。もっと、えり、もっと飛ばしたいんです。

【生田さん 前傾しちゃダメ】
 内藤「最初にアドバイスしておきます。生田さん、このストレッチはグラビアみたいなポーズになってはいけません。これはストレッチだから、上半身の前傾は必要ないのです。むしろ内転筋をちゃんと伸ばすには地面と垂直に立つようにしてくださいね。その上で両膝を交互に曲げて、反対の脚の内転筋を伸ばしてください。そしてこのストレッチは、生田さんのような若い女性より、普段あまり運動をしていない男性にやってほしいのです。内転筋を使わないで放っておくと、いかに固まってしまうのかがわかります。このストレッチはどこでもやれます。内転筋を柔らかくするだけで、スイングにすごくいい影響が出ます。飛距離も確実にアップします。ぜひ、試してください」


♡生田衣梨奈(いくた・えりな)
 1997(平成9)年7月7日生まれの17歳。福岡県出身。モーニング娘。'14のメンバー。趣味のゴルフは小3から始める。ドライバーの飛距離は230ヤードを誇る。得意なクラブは7番アイアン。


(写真)さすがアイドル。何だか写真集で見るようなポーズに

レッスンを動画で見てみよう

 このゴルフレッスンのコーナーは、内藤コーチの実演を収録した動画とも連動しています。左のQRコードをスマートフォンで読み取ると、そのまま今週のレッスン内容を動画で確認することができます。または中日新聞ホームページの動画コーナーでもご覧になれます。次回以降、動画の更新はレッスンコーナーが掲載された日の午後3時です。お持ちの機種や電波の状況により、動作しないことがあります。


▼内藤雄士(ないとう・ゆうじ)
 1969(昭和44)年9月18日生まれの44歳。東京都出身。日大ゴルフ部在籍中に米国にゴルフ留学。最新のゴルフ理論を学ぶ。1998年からツアープロコーチとしての活動を開始。2001年にはマスターズ、全米オープン、全米プロの米ツアーのメジャー大会をツアープロコーチとして経験。丸山茂樹の米ツアー参戦に同行し、3勝をサポート。契約プロゴルファーの多数のツアー優勝を支えた。海外のツアーにも精通している。その一方で、東京都杉並区でラーニングゴルフクラブ(LGC)を設立し、ゴルファーの育成にも取り組んでいる。

食べる組み合わせ重要なダイエット

 ダイエットで大切なことは、いつまでに何キロ減量するかを決めること。最近では体重の4~5%の減量が無理のない方法といわれている。例えば、75キロの人なら3キロ程度。次に食事目標を具体的に決める。「外食の脂肪を減らす」「清涼飲料水は糖質ゼロとか、カロリーゼロ」など。体重や体脂肪率、歩数や食事メニューなどを記録することもとても効果的である。メタボ健診後の保健指導で一番効果があったのは、「よく噛んでゆっくり食べる」であった。よく噛むと消費エネルギーが増えるという研究もある。一人でこっそりダイエットより周囲に宣言する方が協力を得られやすい。

 そして「減量したらリバウンドしない」が大変重要である。私が担当した150キロの男性は減量して8年、現在86キロで継続されている。また91.5キロの女性19年59キロに、リバウンドはほとんどなかった。「少し増えたら必ず減らす」を実践していたからだ。

 おいしい高脂肪・高エネルギー料理に対抗するには、新鮮材料、香味野菜などが効果的だ。また注意する組み合わせは、ラーメン+ライス、チャーハン+餃子、などは炭水化物の過剰。エビフライ+タルタルソース、グラタン+コロッケ+マヨネーズサラダ、カツ+カレーは脂肪の取り過ぎ。これらメニューをラーメン+野菜炒め、エビフライにはレモン汁、カレー+サラダ、チャーハン+八宝菜にする。減量の食事管理は、毎日の食事を楽しみながら根気よく継続することである。
(管理栄養士 山口節子)


(画像)W炭水化物は要注意

»一覧に戻る

  • 空から見るゴルフ場
ゴルフ場検索

カレンダーから空いている日を選ぶ

※登録されているゴルフ場の空き状況を特定日で絞り込みます。

※本ページの予約状況は最大4週間先までとなっております。それ以降の予約状況については提供していませんのでご了承ください。

※ゴルフ場の情報は原則として毎週水曜日午前10時頃更新されます(関東のゴルフ場は隔週水曜日となります)。

  • ゴルフ大会のご案内
  • 特集紙面アーカイブ

ページの先頭へ戻る